HUSKY・KES(KIRK Enterprise Solutions)・Markins・Arca-Swiss・Wimberley正規プロショップ スタジオJin

誠に勝手ながら、2月17日(土)は所用により臨時休業となります


営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜・日曜・祝祭日

その他の休業日等:「営業カレンダー」で確認


現在カゴの内に商品はございません。

商品コード: QRC-2.6CS

【KIRK】Arca-Swiss/RRS専用 QTTクイックリリースクランプ

世界最高のクランプ

Arca-Swiss Z1+やReally Right Stuff BH-55などのボール雲台へ装着することを前提にKIRK Enterprise Solutions(KES)が設計したクイックリリースクランプQRC-2.6CSです。この2社の雲台はボールから出る柱状ステム上面に突起が設けられていますので、クランプ裏を溝加工することにより噛み合うように一体化します。この状態でネジ止めしますので物理的にクランプが回転方向に緩んでしまうことはありません。

旧品番SQRC-Arcaが僅かに拡大され、QTTノブを搭載するとともにカメラマウントやレンズマウントの着脱に使用する六角レンチを収納できるようモデルチェンジされました。
他社製クランプとの比較やメリット、デメリットなどよくご質問をいただきますが、以下の理由により自信を持ってKIRK製クランプが世界最高であると断言します。

特許QTT(Quick Turn Technology)ノブ

アルミ合金の塊から削り出されたクランプはノブを締め込むことにより万力のようにがっちりとプレートを挟み込み、ズレやガタとは無縁です。開閉ノブをわずかに緩めるだけでプレートのスライドが可能となるのはアルカスタイル共通の特徴ですが、KIRKが特許を取得した特殊なネジでノブを駆動することにより、上からクランプの上に機材を乗せて180°回転させるだけで固定完了です。そこから逆方向に180°回せばクランプが充分に開き、垂直方向に機材を取り外すことが可能です。従来の1回転で機材を着脱できるノブでも十分にクイックと呼べるものでしたが、QTTノブは握り直す必要すらなく、まさにワンアクションで機材交換や縦構図への変更が可能となりました。

高精度で加工された金属同士の組み合わせであれば、コルクやゴムを挟み込む必要はありません。わずかでも弾力のある材質のたわみが微細なブレとなって撮影結果に影響することを避けるための設計です。ノブ式はロック/アンロックの手ごたえが感覚的にわかりやすく、スライド時にはプレートのセーフティスクリューが機能しますので、不注意による脱落事故の確率も低くなります。 KIRKはしっかりとネジで締め込んで固定するノブ式に絶対の自信を持っており、バネで押さえるだけという構造(当然機材の固定に弾力のある素材が介在することとなります)のレバー式クランプは一切製造していません。

本物だけが持つ信頼性

素材となる6061-T6アルミ合金は非常に軽量なうえに強度はジュラルミンに匹敵し、耐食性も良好です。航空機部品やアルミホイールなどの自動車部品、さらには鉄塔やクレーンまで軽量でかつ強度を必要とされる場面に多く用いられるハイグレードな金属です。各部品はこの金属の塊(インゴット)からCNC加工により高精度で削り出し成型されています。
また内部のメカニズムは錆の心配もないステンレス製で、ネジやスプリング等は完全にカバーされて露出しない構造となっており、埃やゴミが入り込むことも少なく故障の確率も低くなります。
さらに表面仕上げは塗装ではなく硬質アルマイトの硬い皮膜で覆うことにより傷もつきにくく、着脱を繰り返しても変形することはありません。

アルカスタイルのクイックリリースシステムではこの使用素材・切削精度・表面処理の3つが非常に重要な要素となり、どれが欠けても安定性、耐久性、安全性などに必ず問題が出てきます。新品の見た目ではなかなか判断できない部分ですが、間違いなく全ての面で優れているからこそ当店ではKIRK製クイックリリースクランプを自信を持ってオススメしています。

使いやすさを生む汎用性

このクイックリリースクランプは基本的にすべてのアルカスタイル・プレートをホールドすることができるよう設計されていますが、製造誤差の大きなメーカーが存在することも事実です。品質が確認できる範囲ではKIRKの他にWimberley(ウインバリー)・Really Right Stuff(リアリーライトスタッフ)製プレートは確実に固定できることを確認しております。
水平を一目で確認できる水準器が内蔵されたクランプは2.6インチ(約66mm)幅で、バッテリーグリップ付きの一眼レフやD5・1Dなどのプロ用機+300mm f/2.8程度までの大口径望遠レンズに適合します。

インストールサービス

加工技術や工作技術はお客様により様々ですので一概には申し上げられませんが、工具と機械組立についてかなりの知識と経験を持った方でないと完全なレベルでの交換作業は難しいと思います。不完全な取り付けは機材の損傷やお怪我に繋がる可能性もありますので、一般の方は是非当店のインストールサービスをご検討ください。クランプ交換のみであればほとんどの場合雲台をお預かりした翌営業日にはご返送でき、工賃は3,300円(税込)です。

またアルカスイス製雲台は販売経路に関わらず、ごく一部にクランプ固定ネジが非常に強力に接着されている個体が存在することを確認しております。このタイプのクランプ交換は不可能です。 またクランプを固定しているボルトの六角穴が赤い塗料で埋めてあるものもユーザーによるクランプ交換は不可です。

アルカスイス社並びに日本総特約店KPIでも現在はすべての雲台について、ユーザーによるクランプ交換は不可との公式見解です。メーカー保証はもちろん修理も受付されなくなる可能性がありますのでお客様での作業はお勧めできません。
またお客様にて作業をされ、六角ネジ穴やボルトにダメージがある状態では作業を承れません。

※Z-1ダブルパノラミック・Z1g+・Z2+・D4・P0・P1・C1(一部)などのパノラミックプレート上には装着できません。 当店オリジナルのパノラミックアダプターを介して他のクランプを装着できる場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

※Really Right Stuff製自由雲台に装着される場合、現行モデルはRRS社製のロゼットアダプターが必要となります。
旧モデルでは必要でない場合もありますが、いずれの場合でも当店での装着は承れません。

※アルカスイス雲台の加工・クランプの装着はKPI国内正規輸入品(雲台本体にKPIのナンバリングシールが貼付され、かつ同じ番号の保証書があるもの)以外は承れませんのでご了承ください。

※カメラボディ・レンズ三脚座をこのクランプにセットするためにはアルカスタイルのカメラプレート・L-ブラケット・レンズプレート・レンズフット・リング式三脚座などが必要です。
KIRK製プレート類はほとんどが各機種専用設計となっています。ご使用の機材に合わせてお選びください。

※クランプの爪幅よりも小さなプレートをホールドする場合は、必ずクランプの中央で挟んでください。
クランプの端でプレートを挟むと開閉部分が斜めになり、プレートと面接触しませんので脱落の可能性が非常に高くなります。

<必ずご確認ください>

Arca-Swiss製自由雲台のクランプ交換をご自身でされる方は、事前に円形カメラ台またはクランプが取り外せるかどうかを必ずご確認のうえお買い求めください。ボルト類の取り外しには事前の熱処理が必須となります。
クランプ交換について当店からのサポートはできませんので何卒ご了承ください。また前述の通りお客様にて作業された場合はメーカーでの保証や修理も受付されなくなる可能性がありますので十分ご注意ください。

【クランプの固定が六角穴付き皿ネジの場合】
六角穴が9/64インチヘックスプラス形状(旧タイプ)と3mmの六角形状(新タイプ)の2種類が存在します。取り外しにはWeraヘックスプラス9/64in六角ビットまたは3mm規格の六角レンチをご使用ください(メーカーでは特殊工具を指定していますが完全に互換性確認済です)。他のレンチ(トルクスT20など)の使用は厳禁です。

【クランプの固定が六角ボルトまたはカメラネジつき六角ボルトの場合】
取り外しには11mmの1/4"ソケットをご使用ください。ただし外径が16mm未満のものに限ります。
(適合確認:Snap-on・HAZET・FACOM・STAHLWILLE・Beta・BAHCO・nepros・Z-EAL・TONE)
海外製工具は製造時の外径寸法にバラつきのある場合が多く、カタログの数値はあくまでも目安に過ぎません。金属同士の嵌合ですのでソケット側が0.1mmでも大きければ穴に入りません。上記メーカーの中で最も製品精度と品質がよく、外径の一番小さなものはKTC neprosブランドの1/4"ソケット(外径14.7mm)で誤差も極小です。(当店でも販売しています)

材 質  ボディ:6061-T6アルミ合金から削り出し成形
 表面仕上げ:硬質アルマイトブラックサテン仕上げ
 内部メカニズム:ステンレス製
重 量  約123g
クランプ部  水準器内蔵
 クランプ幅:2.6インチ(約66mm)
固定方法  M6皿ネジまたは1/4-20in皿ネジで雲台に固定
適合  アルカスイス・リアリーライトスタッフ社製雲台のクランプ部交換用
 全てのKIRKカメラマウント・KIRKレンズマウントでカメラまたはレンズ三脚座を固定
付属品 ・クランプ固定用 M6-1.0×22mm六角穴付き皿キャップボルト×1
・クランプ固定用 M6-1.0×30mm六角穴付き皿キャップボルト×1
 ※アルカスイスZ1+などに装着する場合は雲台の個体差により付属の22mmでは短く、30mmでは長すぎることがあります。長さ25㎜のボルトを別途ご用意いただいた方がいい場合がありますのでご了承ください。
・クランプ固定用 1/4-20×3/4in六角穴付き皿キャップボルト×1
 ※RRS BH-55などに装着する場合はこちらをご使用ください。こちらも個体差により長すぎる・短すぎる場合があります。
・5/32in六角レンチ×1(クランプ内に収納)
・ネジ緩み防止剤(中強度)
生産国  アメリカ合衆国
出荷予定日

【店内在庫がある場合】→カゴに入れるボタンの上に在庫数「残りあと○○」と表示
▶クレジットカード・代金引換決済 ⇒ ご注文確認の次営業日に発送
▶銀行振込決済 ⇒ ご入金確認の次営業日に発送

【店内在庫切れの場合】→カゴに入れるボタンの上に「在庫:0」と表示
▶通常通りご注文いただけますが予約注文となり、原則として翌月の入荷となります
 (一時的なメーカー在庫切れの場合の納期は別途お知らせいたします)

配送方法

送 料

ゆうパック画像

・郵便局のゆうパックにて全国一律880円(税込)でお届けします
・他の商品と一緒にご注文で同梱が不可能な場合には送料変更の可能性があります
・離島や地域による追加料金をいただくことはありません
・その他の配送方法には対応できません

メーカー希望価格(税込):0
当店販売価格(税込): 0円
(税抜):0

ポイント:0 Pt

数量
在庫: 0
カゴに追加しました。
お買い物を続ける カゴの中を見る
商品検索

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む
  • 良き良き

    2021/05/27 投稿者: Gigi おすすめレベル: ★★★★★

    ネットオークションで手に入れたZ1g+にRRSのレバーが乗って来ました。私はノブ派なので交換することに。BH-55でRRSのノブを使用中で特に不満はなかったのですが、クランプ界双璧もう一つのKIRKを試すことに。で、比べちゃうと僅差でKIRKですかね。特許のQTTはもちろんですが、ノブを回す感触、製品の質感、とても良きです。

    店舗より : 2021/05/27
    RRSももちろん素晴らしい製品を作っていますが、KIRKはノブ式クランプのみにこだわっているぶん、その完成度は一段上かもしれませんね。
    プレートを固定する際も、軽く当たったところから15°~20°ほどギュッと締まる感覚が絶妙だと思っています。
    手に伝わる感覚・手応えを大事に、慣れれば慣れるほど目視しなくても確実な操作ができるのは多くのプロカメラマンからも高く評価いただいているポイントです。

  • 最高です!

    2021/01/17 投稿者: shin おすすめレベル: ★★★★★

    まず初めに、注文時から発送まで丁寧かつ親切なご対応に感謝致します。

    KIRKのクランプ使い心地が最高です!
     
    実は最近、他の三脚の雲台も交換したのですが、その時はスタジオjinさんを知らなくてamazonでハスキーの雲台を購入しました。

    トヨ商事さんの購入になりましたが、スタジオjinさんでハスキーの雲台にKIRKのクランプが付いたものがあるのを知って、失敗したと思ってます笑  

    ちなみに、ハスキーの雲台に今回購入したKIRKのクランプが付くか試したところ、付属の1/4-20のボルトで付ける事もできました。 ハスキーの雲台は構造がシンプルなので、こういった事が可能なんだと思いました。  

    KIRKのクランプを選んだのは、nikon D850を普段使っていて、今回RRSのL型ブラケットを装着したので、それを簡単にガッチリ完璧に固定できるものを探していました。 
    機材が機材だけに、ホールドが悪くて落っこちたら大変なので・・・。 
    実際使ってみて、固定ダイアルのしっとりとした使用感と回転回数の少なさとホールド感は最高でした! これで安心して撮影ができます。 

    店舗より : 2021/01/18
    KIRKのQTTノブ仕様のクランプは世界最高といっていいと思っています。
    HUSKYにQRC-2.6CSを装着するには仰る通りクランプ上面から六角レンチを使用してネジ止めするしかありません。
    SQRC-HUSKY2.6であればHUSKYのカメラ止めネジと締付けホイールでカメラと同じように固定できますので工具は必要ありません。
    RRSとはそれぞれ微妙に設計思想の違う部分がありますね。

  • アルカスイス純正にご不満の方はぜひ交換を

    2019/09/29 投稿者: RiO おすすめレベル: ★★★★★

    最近購入したアルカスイス Z1+純正クランプが惜しくも評判通り使い勝手が良いとは言えず、このクランプ購入、インストールサービスをしていただきました。
    今回同時に購入したKIRK Lーブラケットで着脱を試したところ、スムーズでもちろん使い勝手もホールド感も抜群でした。
    アルカスイス 純正クランプをお使いの方で少しでも不満があればこのKIRK製に交換をお勧めしたいです。

    店舗より : 2019/10/01
    レビューありがとうございます。
    クランプを含めて雲台の性能として見てしまうと、どうしてもZ-1は1ランク落ちてしまいますね。
    撮影のお役に立てれば何よりです。

  • 【KIRK】Arca-Swiss/RRS専用 Newクイックリリースクランプ

    2018/06/22 投稿者: Nikon一筋 おすすめレベル: ★★★★★

    同時に購入したKIRK D850+バッテリーグリップのLブラケットを使用するため、手持ちのZ1+にインストールサービスにて依頼。

    商品送付後、即日作業翌日返送していただき、仕上がりも完璧で満足。

    RRS社のクランプも使用していますが、ノブの回転角が少なく、スピーディーかつ確実なホールドが出来る印象です。
    ノブの最後の一締め分がちゃんと締まったという感覚があるので、回転角が少なくても不安感は一切ありません。

    RRS社のマウントでもこのクランプならば問題なくホールド可能でした。

    KIRKの製品は、RRS社と比べてシックなデザインで、個人的にはこちらのほうが高級感があると感じます。

    店舗より : 2018/06/23
    クランプが軽くプレートに当たったところから15度、20度ぐらいでしょうか・・・最後にギュッと締まる感覚は絶妙ですね。
    クランプを新設計するにあたり、その感覚にこだわっていろいろテストしたそうです。
    以前開発担当者にその話をしたら非常に喜んでいましたので、改めてカスタマーからの声として伝えておきます。
    RRSの雲台を使っていてもクランプはKIRKに変更したいっていうお客様、実は多いんですよ。

  • 使い勝手良いです。

    2018/05/07 投稿者: K.N おすすめレベル: ★★★★★

    今までアルカスイスZ1+にRRSのノブ式クランプ使用していましたが、これも凄く良く出来ているのですが、同時使用している3/8ネジ式KIRK QRC2.6と比べてしまうとKIRKの方がクランプノブのネジピッチが早く、これに慣れてしまうとやはりZ1+にも欲しいということで、此方を購入させて頂きました。
    あと何気に六角レンチ内蔵って便利で、クランプ以外のKIRKプレート、RRSプレートも一部のレンズプレートを除いて大体5/32なのでちょっと心配なときに、さっと六角レンチを出して増し締め出来るのは有り難いです。もう少し水準器が大きいと見易いのですが、別に水準器付けるので必要ないと言われる方もおられるでしょうから、難しいのかもしれませんね。末永く愛用させて頂ければと思います。
    また、同時購入品のパーツに一部間違い品の混入がありましたが、至急対応して頂きありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

    店舗より : 2018/05/10
    私も当然他社のクランプはほぼすべて触ってきていますが、やはりノブ式のクランプはKIRK製が一番使いやすいと思います。
    水準器は確かに要改良と思いますが、どうしても大きさには限界があるので見やすさが劇的に改善する方法は難しいですね。
    いずれにしても機材を装着すると見えなくなってしまいますので、別途エビスのキューブレベル(私の愛用品です)等を併用していただいた方がいいかもしれません。
    KIRKからの出荷時点で六角レンチのサイズ間違いがありましたこと改めてお詫び申し上げます。

  • 商品説明通りです

    2016/07/25 投稿者: 福島のRB おすすめレベル: ★★★★★

    レバーリリースタイプの方が操作性が良いと固定概念がありRRSのB2-AS-Ⅱ-M6をしばらく使っておりました。
    しかし、機材が重くなるにつれて軸ズレや脱着時の不安が増し、ノブ式を検討中にツイッターにてこちらの商品に出会いました。
    使わしていただいての感想ですが、ノブ開閉ネジピッチが広い為にはじめは戸惑いましたがすぐに慣れました。また、ネジピッチが広いという事は剛性が増してるので、説明文に記載が有るように万力の様なホールド感が瞬時に得られます。
    他社のノブ式は保持してないので比較は出来ませんが、操作性・安心感ともに満足です。
    日々BH-55と共に永く使わして頂きます。

    店舗より : 2016/07/25
    ご満足いただけたようでなによりです。RRSのレバー式クランプはやはり適合がシビアですね。
    RRSプレートとRRSクランプの組み合わせでさえもホールド力の弱い組み合わせを複数確認しております。
    どうしても!という場合は調整もできるのですが、皿バネの枚数で調整するため完璧な調整ができない場合もあります。
    また使用につれて甘くなってくることも避けられませんので、耐久性でもやはりノブ式に軍配が上がります。
    KIRKクランプは新型となり、普通のネジではなく特殊なネジで駆動することにより半回転着脱が可能となりました。
    強度・剛性・耐久性・使い勝手とどこを取っても世界一のアルカスタイルクランプだと思っています。

  • 安定性抜群!!!

    2015/12/25 投稿者: t.t おすすめレベル: ★★★★★

    アルカスイスz1の着脱に不便さを感じこの商品を購入しました。
    今迄は縦位置にした場合ズームレンズで長時間撮影していると、ズレてくる事がありましたがkirkのクランプにしてからは心配無し。
    ノブも慣れれば瞬時に装着できます。

    これからの撮影でストレス無く使用できます。

    店舗より : 2015/12/26
    KIRK製に慣れてしまうと、アルカスイス純正のクランプはどうしてこうも残念なんだろうと思ってしまいます。
    感覚的な部分も大きいですが、ソモソモ写真撮影は感覚の部分が一番大切ではないかと思っています。
    余計なことが気になって撮影に集中できないのは最悪ですからね。